タグ別アーカイブ: 冬

牡蠣そば

素材を引き立ててくれるのは麺との相性の良いいりこだし。いりこだしの香りとともにどうぞ。

【材料例】

いりこだし(基本だし)
牡蠣
白菜
しめじ
濃口しょう油
みりん
そば
ねぎ

【作り方】

(1)牡蠣を下処理する。
(2)白菜、しめじを下茹でする。
(3)基本だしカップ2に対し、濃口しょう油大さじ1、みりん大さじ1、(1)で下処理した牡蠣を入れてひと煮立ちさせる。
(4)器に湯がいたそばを入れ、(2)の白菜、しめじとともに盛り付ける。
(5)刻んだねぎを盛り付ける。

『牡蠣の下処理』
(1)牡蠣をボウルに入れ、大根おろしを入れる。
(2)牡蠣をつぶさないように手でよく揉んで、ぬめりや汚れを取る。
(3)最後に流水で水洗いして、ザルにあけ水気を切る。

販売価格(税込): (小)442円(大)1,490円
瀬戸内産のいりこと昆布だけで作ったこだわりのいりこだし

牡蠣ねぎうどん

いりこで頂くうどんは昔から瀬戸内の定番です。柚子や鰹節を添えて。

【材料例】

いりこだし(基本だし)
淡口醤油
みりん
牡蠣
ねぎ
うどん
柚子

【作り方】

(1)基本だしカップ2を沸騰させ、淡口醤油大さじ1、みりん大さじ1で味を調える。
(2)下処理した牡蠣と切ったねぎを(1)のだしで炊き、うどんを入れてひと煮立ちさせる。
(3)器に盛り付け、刻んだ柚子を散らす。
※お好みで鰹節などを添えて。

『牡蠣の下処理』
(1)牡蠣をボウルに入れ、大根おろしを入れる。
(2)牡蠣をつぶさないように手でよく揉んで、ぬめりや汚れを取る。
(3)最後に流水で水洗いして、ザルにあけ水気を切る。

販売価格(税込): (小)442円(大)1,490円
瀬戸内産のいりこと昆布だけで作ったこだわりのいりこだし

旬の野菜と牡蠣のすまし汁

冬の根菜と牡蠣を煮て、おすまし風に仕上げました。

【材料例】

牡蠣だし(基本だし)
牡蠣
里芋
人参
かぼちゃ
白ねぎ
しめじ
厚揚げ
みりん
淡口醤油
絹さや

基本だし

【作り方】

(1)牡蠣を下処理する。
(2)里芋、人参、かぼちゃ、白ねぎ、しめじをひと口大に切り、下茹でする。
(3)(1)と(2)で下処理した牡蠣と野菜に厚揚げを加え、基本だしでひと煮たちさせる。
(4)(3)にみりん小さじ1、淡口醤油小さじ1、塩少々を入れて味を調える。
(5)器に盛り、色だしした絹さやを添える。
※調味料はお好みで。

『牡蠣の下処理』
(1)牡蠣をボウルに入れ、大根おろしを入れる。
(2)牡蠣をつぶさないように手でよく揉んで、ぬめりや汚れを取る。
(3)最後に流水で水洗いして、ザルにあけ水気を切る。

販売価格(税込): (小)442円(大)1,490円
瀬戸内産の牡蠣といりこに、昆布、煮干し、あご、あじ を使った磯風味が絶妙な旨味のだし。

牡蠣の炊き込みご飯

牡蠣のうま味がぎゅっと詰まったご飯は冬になると味わいたい旬のごちそうです。

【材料例】

牡蠣だし(袋を破って)
お米
料理酒
淡口醤油
牡蠣
水菜
柚子

袋をやぶって

【作り方】

(1)牡蠣を下処理する。
(2)お米300gを研ぎ、1時間吸水させてザルにうち上げる。
(3)ボウルに袋を破っただしパック1袋と水カップ2、料理酒大さじ1、淡口醤油大さじ1を入れてよく混ぜ合わせる。
(4)土鍋に入れ、下処理した牡蠣とともに炊く。
(5)炊き上がったら、水菜と柚子を散らす。

『牡蠣の下処理』
(1)牡蠣をボウルに入れ、大根おろしを入れる。
(2)牡蠣をつぶさないように手でよく揉んで、ぬめりや汚れを取る。
(3)最後に流水で水洗いして、ザルにあけ水気を切る。

販売価格(税込): (小)442円(大)1,490円
瀬戸内産の牡蠣といりこに、昆布、煮干し、あご、あじ を使った磯風味が絶妙な旨味のだし。